« シロギスを背開きしてみよう。 | トップページ | はじめてのイサキ@金沢八景・一之瀬丸 »

2010年8月 3日 (火)

夏ヒラメ@飯岡・清勝丸

 ヒラメデビューは寒い冬より夏がオススメheart04

 梅雨が明け、飯岡港では冬にかけて大人気の釣り物「ヒラメ」がノンストップで走りだしました。
 ビギナーには敷居が高いと思われがちのヒラメ釣り。ポイントを押さえれば全然大丈夫up

P10209121

cancer cancer cancer cancer cancer

釣行日 : 7月18日(日)
港/船 : 千葉九十九里・飯岡港 清勝丸

↓地図はこちら~。



ship 持っている竿とリールで出来るかも!?

 最近ではライトタックルで楽しんでいる方も良く見かけます(^^)
 意外と手軽に高級魚へチャレンジ出来るんですよ~heart01

 

 mobaq こんなロッド持ってない??

  ・ 長さは2.5m程度

  ・ しなやかで柔らかめ(今回はオモリ60号を使用)

 

mobaq こんなリール持ってない??

   ・ PE3号程度が捲いてある両軸リールや電動リール。

P10209051 P10209151

 ちょっと大きいですが電動リールを使用しました。
 小型電動とかでも大丈夫かも。。

 ちなみに私の飯岡初トライは、1.8mのやわらかめジギングロッドにPE2号の両軸リールを使用happy01

 普段このタックルは、タイラバ・タチウオ・エビタイ・ルアーシーバス等々に使用している汎用ロッドです。

Dvc00008_2

 写真左側に映っているのがその時に使用したタックル。
 ちょっと小さくて見づらいですね(^^;
 そして釣れました。
 男性に比べると女性の私は背も小さいのでこれくらいの長さから2.5mくらいのロッドが操作しやすいです(^^)

ship デビューは断然夏がオススメ♪

 
ヒラメ釣りのポイントはいくつかありますが「エサの活きイワシを元気な状態でタナへ泳がせること」。これは必須flair
 冬はとにかく寒くかじかんだ手での活きエサ付けは、慣れないと難しいものです。
 エサ付けがうまくいかないとイワシが弱ってしまって元気に泳いでくれませんsad
 なので、一番肝となるエサ付けを暖かい夏~秋にかけてマスターしてしまえ!ということなんですheart01
 エサ付けは慣れてしまえば簡単に出来ます☆
 必ず冬のヒラメ釣りにも役立ちますよ★

<エサをつけてみよう!>
 ポイントに着くとイワシが配られますので、海水を張ったバケツに泳がせておきます。
 バケツの中でも弱ってしまうので、面倒でもエサは少しずつこまめにもらいましょう。

P10209061

 

 仕掛けは親バリと孫バリがついているものが主流です。
 親バリは上あごにかけたり、イワシの口を閉じた状態で下あごから上あごに向けてさし抜いたりと様々ですが、鼻の穴の上部のかたい部分になるべく薄めに水平に抜き刺すのが私流scissors

 

P10209141

 透けるくらいでも固い部分なので外れませんしエサ持ちも良いように思います☆

 孫バリは背びれの付け根か肛門にひっかけるように付けますがこちらも千差万別。
 いかにイワシに負担をかけずに付けられるか色々試して「自分流」を見つけると釣れた時の喜びもひとしおかと思いますwink

 ちなみに!エサを元気に泳がせることが出来ると、ヒラメやほかの魚にエサのイワシが追いかけられて逃げ回っているのが竿先の動きやラインの動きでわかるのでより細かい様子もわかるので、やっぱり元気に泳がせるのが一番釣果につながりますよup

 

flag ここがポイント!

  「エサをつける時は、手を海水につけて冷やしてからイワシに触ろう。」

P10209131


※特に夏は体温が上がっており、そのまま触るとイワシが弱ってしまいます。(活きイワシをすくう網(金魚用のすくい網を少し大きくしたくらいのもの)を使ってなるべく手で触れる時間を短くするのも良い。)

※鱗はキラキラアピールするためにとても重要!鱗が取れないようにとにかく手早く付ける。(目を軽く隠すと少し大人しくなります^^)

ship いよいよ実釣!

<イワシは「そっと」、底立ちは「マメに」>

 

flag ここがポイント!

  ・イワシの投入はそっと。落とし込んでいく時はサミングをして落下速度をコントロール。(急激な水圧の変化はイワシを弱らせます。)
  ※ サミング…両軸リールで親指でスプール部分の糸をおさえる事。

  ・おもりが着底したら50~1m底から上げ、ポイントによっては海底が駈け上がったりしているので底立ちはマメに取ろう。

※ヒラメは海底から「上目遣いeye」でエサを狙っています。その視界にイワシを横切らせるイメージでタナを常に海底から50センチ~1mにキープするのがミソsunタナは日によって変わることもあるので船長さんからのタナの指示は聞き逃さないでね★

<アタリがあったらすぐには合わせない。>

 ヒラメはエサを触った「前アタリ」が出ることが多いのですが、そこでアワセると歯型だけ残ってすっぽ抜けます。なのでそこはじーーっと耐えて…eye

 「じゃあいつアワセるのさ??gawk

 ってとこですが、ヒラメはエサをモグモグするとそのあと体をひるがえして泳ぎ出します。その時に竿先がストンと海面に吸い込まれます。
 そこがアワセのタイミングです。
 竿先をスッとあげて針がかりさせます。

 あとは焦らず一定の速度でリールを巻き巻き…
 ヒラメの頭側から水面を滑らせるようにタモ入れすればパーフェクトです★

P10209111 P10209211

 

 これで基本動作はばっちり!(のはずw)
 後は実戦で高級魚ゲットの喜びを味わってみてはいかがでしょうか??

 

ship ship ship ship ship ship
今回お世話になった船宿

P10209181

 千葉県九十九里・飯岡港 
 フィッシング倶楽部「清勝丸」

 

P10209201

残念ながらオデコになってしまっても「オデコ券」なるお土産引換券をいただけますので帰りがけに指定のお魚屋さんでお土産がもらえます。

 現在、夏休み特別企画 「午後キスキャンペーン」 を実施中!!

  男性 大人1人 5000円
  同伴 子供1人まで無料。(1名追加でプラス1000円)
  女性は2500円

  ※エサ別途。貸し竿無料。

  夏休みのファミリーフィッシングにご家族でいかがですか??

  沢山釣れたらこちらの記事も是非参考にどうぞ~

  「シロギスを背開きしてみよう。」
  ⇒ http://love-fishing.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-9b33.html 

 

  ポイントカードあり。(ポイントがたまると半額乗船特典。)
  女性・子供割引あり。
  午前船、下船後軽食サービスあり。(この日は焼きそばと天丼にお茶とメロンのサービス♪)
  乗船は予約制なので電話予約を忘れずに!

  詳細データ
  ⇒ http://fishing.nifty.com/cs/catalog/fishing_boathouse/catalog_000174_1.htm


|

« シロギスを背開きしてみよう。 | トップページ | はじめてのイサキ@金沢八景・一之瀬丸 »

コメント

お久しぶりですね。
ふうちゃん、元気でしたか?? 笑

ヒラメ・・・・
自分は行く事はないだろう。
って思っていたヒラメを釣りに行く事になりまして
楽しみにしています。
餌はアジを使うらしいのですが、ふうちゃんの教え参考に
頑張ってまいります!! 笑

投稿: かっちん | 2010年8月 6日 (金) 16時00分

かっちんさん

お久しぶりです(^^)

ヒラメ面白いですよ~。

イワシが逃げ回り始めるとドキドキしますもん★

頑張ってきてくださいね♪

投稿: ふう | 2010年8月 9日 (月) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シロギスを背開きしてみよう。 | トップページ | はじめてのイサキ@金沢八景・一之瀬丸 »